• 金曜日, 2020年9月25日

LED照明のメリットと注意点について紹介します

Byadmin

2020年8月30日

電気代が安くなる可能性がある

LEDとは発光ダイオードのことであり、電気が流れると発光する性質をもった半導体のことです。このLED照明には多くのメリットがあります。1つは電気代が安くなることです。LEDは省エネ型の照明なので、白熱電球と比較すると、消費電力が5分の1以下になるといわれています。そのため、白熱電球からLEDに取り換えるとお得になる可能性が高いです。

使用寿命が非常に長い

LEDは使用寿命が長いというメリットもあります。LEDの寿命は40,000時間、10年間といわれるほどで、白熱電球よりも圧倒的に長いです。一般電球の場合は寿命が来たらチカチカして点かなくなって交換する必要があります。LEDはそうした手間がかかりません。

LED照明に虫は近づかない

LED照明は虫が寄り付かないという性質もあります。カバーのついている照明を取り外したときに虫の死骸が入っているのを確認したことがある人は少なくないでしょう。虫は照明が放つ紫外線に引き寄せられる性質がありますので、どうしても照明に集まりやすいです。しかしながら、LED照明はそもそも紫外線を出さないので、虫が集まりません。他にも、LED照明は電気に対する反応速度が速いので、通電したらすぐに点灯するという利点もあります。

注意するべき点もある

LED照明を導入するときの注意点は、やはり白熱電球に比べると若干価格が高いことです。およそ2倍から3倍程度LEDの方が高いです。しかしながら、LED照明は白熱電球よりも寿命が長いので、長期的な視野に立つと、コストは低くなります。電気代も安くなりますし、トータル面ではやはりLEDの方がお得になるでしょう。

LEDライトパネルはLEDライトによってポスターなどを目立たせるもので、コストが安く夜間でもPR効果が高いというメリットがあります。